BCPOS MENU

  • ニューストピックス
  • ショールーム案内
  • 販売代理店について

免税店向けPOS

免税販売や記録管理の際にかかる負担を最大限に軽減!

全国小売店・専門店に100業種14,000セット導入した「BCPOS」は、免税店制度の改定に合わせ、免税販売機能を標準搭載しました。消耗品や一般物品の判別、カテゴリ別の合計金額算出を自動におこない、免税販売をより簡単により効率的におこなえるようにしました。
さらに、免税書類作成システム「あっと免税」と連動させることにより、精算時にパスポートのデータを読み取り、「購入記録票」の作成までを自動化することができます。お店とお客様の負担を軽減し、免税手続きを最大限短縮できるようになります。

BCPOSの免税販売機能

  • お会計合計金額が消耗品5,000円以上、一般商品5,000 円以上の場合、小計画面に「免税」ボタンが赤く表示されます。(※2016年5月1日より)
  • お客様のパスポートをパスポートリーダーで読み込むと、パスポート情報が自動入力されます。
  • 免税販売のお客様は、免税金額が合計金額より引かれます。
  • 電子ジャーナルや日報に販売情報が記載されるので、免税販売の記録管理が大幅に軽減されます。
  • クレジット決済は、銀聯カードも使えるJ-Mupsと連動できます。

BCPOSの免税販売機能

BCPOSの免税販売機能

BCPOS®なら、免税対象商品の登録、パスポートデータの読み込み、購入記録票の作成・印字まで
ワンストップで行いますので、書類の手書きやレシートの貼付など面倒な作業は必要ありません。

免税アプリとの連携でお客様の負担を軽減

BCPOSとあっと免税を同一端末で利用すれば、免税販売から書類作成までをワンストップ処理!爆速モードならたったの20秒で書類印字!

別々の端末で運用する場合は、BCPOSから発行されたレシートのバーコードをバーコードリーダーで読取ることで、
購入者の旅券番号や名前・性別等のパスポート情報と、購入した商品情報が免税書類作成システム「あっと免税」に登録されます。
詳細はこちら

購入記録票の作成/購入者誓約書(同一端末で、あっと免税爆速モードでの運用の場合)

  • BCPOSで販売

  • パスポート読み取り

  • 免税額でお会計

  • あっと免税自動処理
    免税書類印字
  • お客様に署名を頂く

「購入者契約書」「輸出免税物品購入記録票」と、免税品を袋や箱に梱包した際に、梱包物に貼り付ける「品目及び数量のリスト」(複数枚印刷可能)を出力します。

選べるPOSシステム(ハードウェア)

免税販売のながれ

2016年5月1日より最低購入金額が消耗品・一般物品共に「5,000円以上(税抜金額)」に引き下げられるため、小規模店など今まで免税販売を諦めていたお店様も免税店になるチャンスです。

免税範囲の最低購入金額

消耗品合算 5,000円、一般物品合算 5,000円(同日同店舗での合計販売金額) ※消耗品と一般物品は合算不可 ※消耗品は密封梱包が必須
※500,000円を超える消耗品は免税不可 ※1,000,000円を超える一般物品免税の場合、パスポートの写し等を保管

まずはお気軽にご相談ください。無料の資料請求も受け付けております。
  • 小売・専門店向けPOS
  • 飲食店向けPOS
  • 免税店向けPOS
  • 農産物直売所POS
  • アパレル店(RFID対応)向けPOS
  • スポーツ店向けPOS
  • サロン向けPOS
  • 文具店向けPOS
  • ドラッグストア向けPOS
  • リサイクルショップPOS
  • 委託販売POS